特殊看護師制度とは

看護師の資格を取得する条件としては、高校卒業を後に専修学校や各種学校などの看護師養成所において3年間勉ぶか、看護系大学で4年もしくは看護系短期大学で3年学ぶ方法があります。その上で、看護師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けて看護師になります。
または、准看護師から看護師2年過程を経てステップアップの方法もあります。
看護系の資格の種類は、保健師・正看護師・准看護師・助産師・看護助手などがあります。
特殊看護師制度には、1.認定看護師、2.専門看護師、3.認定看護管理者があります。
1.認定看護師資格は、看護師・保健師・助産師いずれかの免許を取得している者が、実務通算5年以上(その内3年以上の特定看護分野)の経験を経て、日本看護協会の認定看護師教育課程又は認定看護師の教育に適切であると認められた教育機関の、6ヶ月以上の教育課程を修了していることが必要です。
2.専門看護師の資格は、看護師・保健師・助産婦いずれかの免許を有する者で、看護系大学大学院修士修了、特定の専門看護分野の単位を取得した者。看護学以外の関連領域の大学院等を修了し、看護系大学大学院修士課程で必要な単位を修得した者。外国において上の2つと同等以上の教育を受けた者。看護師・保健師・助産師の資格取得後、実務経験が通算5年以上であり、その内通算3年以上の特定分野経験があること。その特定分野の経験のうち、1年以上は専門看護師に必要な所定の教育修了後の実務経験を含むこと。があります。
専門看護師の目的は、複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族及び集団に対して水準の高い看護ケアを効率よく提供するための、特定の専門看護分野の知識・技術を深めた専門看護師が、保健医療福祉の発展に貢献し併せて看護学の向上をはかることを目的として日本看護系大学協議会が、教育課程の特定、教育課程の認定・認定更新と共に行っています。役割は、個人、家族及び集団に対して卓越した看護を実践すること。看護者を含むケア提供者に対しコンサルテーションを行うこと。必要なケアが円滑に行われるために、保健医療福祉に携わる人々の間のコーディネーションを行うこと。
専門看護分野は、変化する看護ニーズに対して、独立した専門分野として知識及び技術に広がりと深さがあると制度委員会が認めたものをいいます。癌看護・精神看護・地域看護・老人看護・小児看護・母性看護・慢性疾患看護・急性、重症疾患看護・感染症看護・家族支援・在宅看護などがあります。
3.認定看護管理者は、日本看護協会が毎年1回、認定看護管理者認定審査を実施しています。認定審査に合格し、登録手続きをした者を認定看護管理者として認定されています。資格の有効期間は5年間です。
参照サイトは、看護師の資格ガイド、日本看護協会。

コメントを残す