専門看護師を目指して

現在「認定看護師」や「専門看護師」、「助産師」「国際看護師」など、看護のスペシャリストになる人たちが増えてきています。
 高度化する医療と超高齢化社会の中で、看護師として任される仕事も命に関わる処置など責任の重いものにまで広がってきました。
 そのため、看護師に対して今まで以上に基礎学力と「専門知識」「高い看護技術」が求められています。

 このような背景の中、優れた人材の育成と質の高い看護ケアの実現を目指して「認定看護師」や「専門看護師」を認定する制度ができました。
 
● 専門看護師とは

 医療の高度化と超高齢化が進む中、より心身の苦痛を伴い、個人や家族では解決できない困難な健康事情を抱える人が増えてきました。
 専門看護師とは「複雑で解決困難な看護問題を持つ個人や家族及び団体に対して、水準の高い看護ケアを効率よく提供するための特定の専門看護分野の知識・技術を持っている」と認められた看護師に与えられる認定です。 
 「がん看護」「精神看護」「地域看護」「老人看護」「母性看護」「慢性疾患看護」「急性・重傷者看護」「感染症看護」など、様々な分野ができました。
 専門看護師には、それぞれの分野において、個人が卓越した知識と経験を持っているだけではなく、それらを活かして現場の看護師たちへの指導やケアの方法を教える。また、チームワークのリーダーとしてスタッフ全体の力を合わせてチーム全体で看護にあたる。そのような「指導者・リーダー」としてチーム全体の看護の質の向上を図る役割も期待されています。
 また、医療関係者だけではなく患者自身やその家族にも知識や技術を与え、病院・患者・患者の家族の連携を図る役割も担っています。

● 専門看護師になるには

 専門看護師になるには、看護専門分野の教育課程がある大学で日本語看護系大学協議会の組織が定めた教育課程を終了する必要があります。

【専門看護師教育機関・教育課程基準】
 ⇒ http://nintei.nurse.or.jp/nursing/wp-content/uploads/2013/04/cnskyouikukatei20130423.pdf

【受験資格】
 受験資格は、日本の看護師の免許を持っていること。さらに看護大学院を終了し、実務経験が5年以上、さらにその中の3年は特定分野での勤務経験があることとされています。

 資格試験は、日本看護協会で行っている『専門看護師認定試験』です。
 認定審査は年1回。試験は書類審査と口頭諮問があります。

【専門看護師への道】
⇒ http://nintei.nurse.or.jp/nursing/qualification/cns

● 5年ごとに更新
 
 一度取得したら終わりではなく、現役で常に活躍し続けているという証明が必要になります。そのため5年ごとに更新があります。
 更新時期には、規定された看護実績や研究業績を証明することが求められています。

====================
専門看護師を目指して「がん看護」★Aさん
====================

 看護大学を卒業したあと、病院勤務をしながら「がん患者さんのための症状コントロールや、患者さん本人だけでなくご家族も含めた心のケア」の必要性を強く感じ、さらに深く学びたいと大学の再入学を決意しました。 
 大学の講義だけではなく、様々ながん患者さんと共と闘う医師や仲間たちと共に学ぶことで、「がん看護」に関する専門的な知識と医療・看護技術を高めました。
 実際に病院勤務したことで「自分自身の探求するべきテーマ」を発見し、自分の知識と経験を医療現場のスタッフたちに広め、実践の場で患者さんのために活かしたい。現場で働く看護師たちの教育をし、知識と技術を高めるための手助けがしたいと強く願うようになったそうです。
 「患者さんの心身の痛みを緩和できる看護師さんを増やして行きたい」。Aさんは、現在認定看護師の資格取得を目指しながら、個人病棟で、がんと闘う患者さんの心身の痛みの緩和ケアや病院スタッフとの勉強会を精力的に行っています。

★ 専門看護師の認定試験 日本看護協会

⇒ http://nintei.nurse.or.jp/nursing/qualification/cns

★ 専門看護師 日本看護系大学協議会
 専門看護師教育課程基準について
⇒ http://www.janpu.or.jp/
 教育課程一覧
⇒ http://nintei.nurse.or.jp/nursing/wp-content/uploads/2013/04/cnskyouikukatei20130423.pdf

★日本専門看護師協議会
⇒ http://www.jpncns.jp/

★参考書籍
「合格への近道 看護師を目指す人の本」
 成美堂出版 田原 幸子監修 950円

コメントを残す